ハンドボールとの出会い

今回はハンドボールと成田デルフィンとの関わりについて少し書きたいと思います。

成田デルフィンとの関わりは8年程になりますが、デルフィンとの関わりが始まったのは息子(現在中3)が持ってきた1枚のチラシから始まりました。

そのチラシにはハンドボール体験教室開催と書いてあり、当時小2の息子がこれに参加したいと言ってきました。

当時からみんながやっているからと野球やサッカーにはあまり興味を示さず何故かハンドボールに興味を示しました、私がハンドボール経験者とも知らずに(笑)。

初回の体験教室は息子と母親2人で参加してきて、息子は楽しかったので入部したいと言ってきました。

私自身は高校以降はハンドボールから離れていましたので小学生のハンドボールってどんなものなのか分かりませんでした。実際に初めて見に行った時の練習はハンドボールっていうより完全にボール遊びでした。

その後はありがちな、父兄として練習お手伝い→コーチ→監督→代表とあっという間でした。

 

現在、卒部生が中学、高校でもハンドボールを続けています。そんな卒部生の試合を見るのも今、楽しみの一つです。

 

今こうしてチームのホームページにブログを書いているのも思い返せばあの時、息子が持ってきた1枚のチラシから始まってます。

昨今スポーツ業界は色々な問題が起きていてスポーツ離れが心配されていますが、ハンドボールの為に私ができることは、本当に小さいことですが地道にハンドボール人口を増やせていければと思ってます。

 

ホームページの更新が殆どできていないのでがんばります。