中学生活動報告 1月~2月

かなり間があいてしまいましたが中学生の活動報告です

1月に春中代表決定戦として中体連の上位4チームとクラブチーム1チームを加えての5チームで、プレーオフのような形式で春中の代表をかけての大会に出場しました。

結果からいくと総体4位、3位のチームに共に負けて決勝トーナメントにも進めませんでした。

 

中体連のチームと真剣勝負ができる大会に出場できるようになったことは良かったと思いますし、中学校に新しい部活が出来にくい状況で、千葉jr所属の選手のように、ハンドボール部が自分が通う学区にない子供達にとっても希望がもてるようになったと思います。

※私の息子が所属する男子は決勝まで進みましたが、決勝では力の差を感じる敗北でした。

 

写真は代表決定戦の翌週に行われた 1年生大会の写真になります。

1年生大会はなんとか優勝できることができました。

他から見ると小学生の経験者7人いるから勝って当たり前と思われると思いますが・・・。

小学生の時はキーパーで中学生になってからフィールドに転向した選手もいますし、小学生の時にはあまり大きな大会に出場したことない選手もいたりと意外と大変でした。

7人しか部員がいないので、大会前にケガ人もでて大幅にポジション替えたり、全員が集まっての練習が殆どできていなかったりとかなり不安でした。でも優勝した後の選手の涙を見ることができて大変ながらやってきて良かったと思いました。

 

クラブチームの活動も何とか1年続けてこれました。色々ご協力頂いた関係の皆様や練習相手になって頂いた成人チームの方、高校生の方、ありがとうございました。結果も少しは出たので、また新たな気持ちで2年目も迎えたいと思ってます。

4月からは3名の入部希望者がいて総勢10名で2年目の活動に入れそうです。