千葉jr活動報告

成田市で小学生の活動をしていると、卒部した子供たちが中学でハンドボールを続けることができないことが

毎年課題になっています。(中学にハンドボール部がない)

昨年は全国へ出場したこともありかなりの追風で、もしかしたらハンドボール部ができるのではとの期待もありました。

コートはある、ゴールもある、ボールもある、指導者もなんとかなる・・・のに・・・のにです。

結果 今年もダメでした。

 

そんな中、4月からHC千葉jrの女子チームを成田でスタートさせました。※スタートまでの経緯は長くなるので別の機会に。

小学生から指導していた子供たちを引き続き指導するわけですが、スタート当初は私も選手も小学生の延長での活動、指導になっていて、

様々な面で至らない部分があったと思います。

小学生の時は父兄の方や、指導者が色々な面でサポートをしてくれていて、子供達もそれが当然と思っていたと思います。

自分たちでやる!自分でやらなければって意識になったのもつい最近のような気がします。

 

4月に出場した浮谷杯(花園中に1回戦負け)その後に数回行った、練習試合でも全く勝つことができずなかなか結果がでない状態で、

チームとしてもあまりいい雰囲気ではなかったように思います。

先日の小学生の大会で1勝したことによってチームの雰囲気やハンドボールに対する行動が変わってきたこともあったので、とにかく中学生も結果が

欲しいそんな時期ではありました。

中学生の活動報告にも掲載させてもらいましたが先日出場した関東中学生クラブカップで優勝することができました。

久しぶりに満足感のある子供たちの姿を見た気がします、小学生のときには優勝には縁のなかった選手が、優勝や個人賞で表彰されたことも大変嬉しかったです。

チームとして、一番成長を感じたのは、自分以外の得点でも喜ぶ選手が増えたことです。チームの結束力を感じました。

 

まだ3ヵ月しか活動していませんが子供達と日々挑戦、日々チャレンジです。